BMW、フェラーリ、LV……中国減速、欧米ブランドの共倒れリスク

散々な幕開けとなった今年の欧州株式市場だが、それを上回る勢いの急下落を見せたのは中国だ。昨年から既に大幅安となっていた欧州の自動車メーカーや高級ブランドの株価は、今週に入ってさらに10%以上下落している。米CNNは中国で需要が高いとされている3つの市場を例に、その動向を分析。いずれの企業も「このまま中国経済が著しい失速を続けた場合、打撃はさらに大きくなる」と懸念を露わにしている。

高級装飾品ブランド ヴィトン、プラダなど苦戦
中国本土から香港、マカオにかけてのセールスが縮小。カルティエやヴァシュロン・コンスタンタンなどを抱えるリシュモン、LVMHのルイ・ヴィトンのほか、プラダといった超高級ブランドも軒並み苦戦を強いられている。

中国本土と香港でのセールスが主要な利益源となっているバーバリーなどは、欧米のフラッグショップでも中国観光客によるセールスが占める割合いが非常に高く、株価やセールス減少によるダメージは予想を上回るものだと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です