ルイ・ヴィトンのキム・ジョーンズがナイキとコラボ、7月に発売へ

「ナイキラボ(Nike Lab)」が、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズのアーティスティックディレクターを務めるキム・ジョーンズ(Kim Jones)とコラボレーションすることを発表した。発売は7月を予定。

コラボは13日、キム・ジョーンズのインスタグラムアカウントで発表。白地にナイキのロゴとキム・ジョーンズの名前のみが投稿され、アイテムや「7月」以外の発売日の詳細については明かされていない。同氏はスポーツブランドとのコラボレーションでは、過去にイギリスの「アンブロ(UMBRO)」のデザインを手がけている。

ルイ・ヴィトン×藤原ヒロシ 初のWネーム発売 約4000人が伊勢丹新宿店に列

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と「フラグメントデザイン(fragment design)」主宰でアーティストの藤原ヒロシによるカプセルコレクションが、伊勢丹新宿店メンズ館1階の限定ストアで7月6日に発売された。メンズコレクションのアーティステックディレクターを務めるキム・ジョーンズ(Kim Jones)が来場し、開店前にはオープニングレセプションを開催。早朝から伊勢丹新宿店メンズ館と伊勢丹新宿を囲うように約4000人が並び、コラボレーションでは過去最長級の行列となった。

伊勢丹新宿店メンズ館1階の期間限定ストアは、藤原ヒロシがキュレーションしたカプセルコレクションをはじめ限定アイテムが6割を占めるスペシャルストア。協業はキム・ジョーンズからの提案で、藤原ヒロシがコレクションの中からアイテムをピックアップし、両者のロゴを並べるという「ルイ・ヴィトン」の歴史上初となる取り組みが実現したという。Wロゴのアイテムはネームタグやスリッポン、バッグ、レザー小物など多岐にわたり、「フラグメントデザイン」のロゴがシルバーの刻印や刺繍など様々な仕様で施されている。価格は税抜21,000円から。

藤原ヒロシは「キムとは彼が学生の頃の18歳からの友達。こういった形で協業できることを嬉しく思う」と喜びを表現。これに対してキム・ジョーンズは「綿密に計画したということではなく、短い時間で取り組みが進んだコラボレーション。ただ、2つのロゴを並べることは会社にとっても大きなことなので、数字を見せて自ら説得したんだ」と協業の経緯を説明し「ヒロシは僕にとってのビッグヒーロー。以前から彼と東京で何かをやってみたかった。僕も彼もルイ・ヴィトンが大好きだから」と語った。2016-17年秋冬コレクションは、伊勢丹新宿店で先行発売された後、「ルイ・ヴィトン」の国内外の直営店で随時販売される。

ルイヴィトン

ルイヴィトン(仏: Louis Vuitton Malletier)は、フランスのマルティエ(スーツケース職人)であるルイヴィトンLouis Vuitton、1821年8月4日 – 1892年2月28日)が創始したファッションブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)グループの中核ブランドである。LVMHの2008年の売上高は239億ドル。

服飾部門における2014年現在のデザイナーはニコラ・ジェスキエール。またメンズコレクションについてはキム・ジョーンズがチーフディレクター。

歴史

黎明期(1854年 – 1892年)

ル イヴィトンが評価されるようになったのは、創始者であるルイが亡くなった後のことである。ヴィトン社はまず「グリ・トリアノン・キャンバス」(Gris Trianon) というトランク工場として創始された。このトランクは灰色のキャンバス地で覆われており、とても軽量なものであった。1854年、ルイはエミリー (Emilie Clemence Pariaux) と結婚、同年、世界初となる旅行用鞄の専門店をパリに創業。3年後の1857年には息子のジョルジュ (Georges Vuitton) が生まれた。

1859年、アニエール=シュル=セーヌに最初のアトリエを構える。

1860 年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年、万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイ スマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子(後のニコライ2世)がそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時世界的に力を 持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からもトランクの注文を受けるなど、主にスラブ、ラテン系王侯族に重用された。

トランクの上から 布地を貼るというルイの技法は賢明であったが、容易にコピー商品が出回ることとなり、1872年、ルイは別の布地を使うようになった。この布地は、 「Striped Canvas」として知られているベージュと赤の2色で色づけされた布地である。しかし、これもすぐにコピー商品が出回ることとなった。

だ が、コピー商品に押されることなく、彼のビジネスは成功を収めた。また、私生活の方も衰えることはなく、1880年には息子のジョルジュがジョゼフィー ヌ・パトレイユ (Josephine Patrelle) と結婚。入籍当日に、彼は息子にスクリーブ通りの店を任せた。その3年後、ジョルジュにも息子ガストンが生まれ、ルイは祖父となった。

1885 年、ヴィトン社はロンドンに進出。1888年、ジョルジュが模倣品防止のため、ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライ ン」と呼ばれるデザインを考案。1889年のパリ万国博覧会で、ルイ・ヴィトン社に金賞をもたらした。しかし、商標登録もされていたにもかかわらず、また コピー商品が出回ることとなった。現在は白と灰色の「ダミエアズール・ライン」、黒を基調とした「ダミエグラフィット・ライン」もある。

1890年、5枚羽の錠前を開発。

1892年、ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始、トランクやハンドバッグなどが掲載された最初のカタログもリリースされた。その年の2月27日、ルイは自宅で息を引き取り、ジョルジュが会社の全権を握ることとなった。

黄金期(1893年 – 1936年)

モノグラム

父ルイの死後、ジョルジュはルイ・ヴィトン社を世界的な企業へと押し上げた。ジョルジュは、1893年のシカゴ万国博覧会に出展するなど、会社をうまく運営し続けると共に、著書『Le Voyage』(フランス語で旅の意)を出版した。

1896 年、ダミエの模倣品が出回ってきたことから、ヴィトン社はそのトレードマークとなる布地を新たに発表した。モノグラム・ラインと呼ばれることになるその模 様は、様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンを示す「LV」というマークが描かれている。モノグラムは、万国博覧会で目にした日本の家紋に触発されている。 ジョルジュはその後アメリカへ渡航、ニューヨーク、シカゴ、フィラデルフィアなど様々な街を旅行し、その訪問中にもヴィトン製品を売って歩いた。1898 年にはパリ・オートショーにヴィトン製品を出展した。

1900年、ジョルジュはパリ万国博覧会の「旅行アイテムおよび革製品」の部門を担当するという栄誉を得た。1901年、ヴィトン社は、トランクの中に入れることのできる小さなカバン「スティーマーバッグ」を発表した。

3年後の1904年、ジョルジュはセントルイス万国博覧会において議長を務めた。同年、ヴィトン社は新商品として、香水や衣類などの商品を小分けにできる仕切りの付いたトランクを発表した。

1914年、パリのシャンゼリゼに世界最大のトラベル・グッズ専門店をオープン。

ビジネス拡大(1937年以降)

香港店

神戸メゾン
1970年代
  • 1978年
    • 3月、東京に3店(日本橋高島屋、サンローゼ赤坂店、西武渋谷店)大阪に2店(西武ピサ大阪ロイヤル店、アンロワイヤル阪急17番街店)の5店舗がオープン。
    • 9月には高島屋大阪店にオープン。
1980~90年代
  • 1981年 – 日本初の直営店舗を東京・銀座にオープン。1989年には香港初の店舗をオープン。
  • 1983年 – アメリカスカップの挑戦艇選抜シリーズとして、ルイ・ヴィトンカップがスタート。
  • 1985年 – エピ・ラインを発表。
  • 1987年 – シャンパンメーカーのモエ・ヘネシーと合併、LVMHが誕生。LVMHグループはその後、クリスチャン・ディオールやフェンディなど有名ブランドを傘下におさめる巨大ブランド企業に成長する。
  • 1992年 – 中国初の店舗を北京にオープン。
  • 1998年 – デザイナーにマーク・ジェイコブスを迎え、アパレル商品、靴の展開をスタート。また、モノグラム・ヴェルニラインもあわせて発表。
  • 1999年 – ミレニアムに向けての限定品を3種発表。サイバーエピライン(エナメルのようなエピ地にブラックライトを当てるとモノグラム柄が浮き出てくる)のアジェンダPM(6穴バインダー手帳)・グッド・ラック・ブレス、ミニトランク。
2000年代以降
  • 2001年 – 時計の展開をスタート。最新商品はジュネーブ、バーゼルなどの見本市で発表される。
  • 2003年 – 日本人デザイナー村上隆とのコラボレーションにより、黒地あるいは白地にモノグラムをカラフルに配した「モノグラム・マルチカラー」を発表。このときに発 表された商品の中には、モノグラム模様の中にスマイリーマークが描かれた桜の花を配した商品「モノグラム・チェリーブラッサム」や、大きな革製のリボンが ついた商品なども発表された。同時に、村上隆のキャラクターであるパンダをモノグラムの上に描いたシリーズ「モノグラム・パンダ」も発売された。翌 2004年にも村上とのコラボレーションによる「モノグラム・チェリー」ラインが発表された。これは、前年のサクラシリーズよりは少し落ち着いているもの の、モノグラム地の上に、サクランボのイラストを載せるというデザインであった。
  • 2005年
    • 秋冬コレクションとしてキャンバス地のカジュアルなシリーズ「アンティグア」が発表された。ナチュラルな生成と真っ赤なキャンバス地が素材である。
    • 野球用バッグ「サック・ベースボール」が少量発売され、同商品が翌春、ルイ・ヴィトン・ジャパンより北海道日本ハムファイターズに当時所属のSHINJO(新庄剛志)選手へ提供された。
  • 2006年
    • 春夏コレクションとして、モノグラム地にパンチングを施し、穴を開けた素材の「モノグラム・ペルフォ」、デニム素材の「モノグラム・デニム」が発売された。
    • 電通との広告契約を終了し、新たにADKマインドシェアと契約。これ以降グループと同社との関係が継続している。
  • 2007年
    • 秋冬コレクションとして、カラフルなモノグラムマルチカラーをファーの上にプリントした「モノグラム・ミンク」とメタリックな素材の「モノグラム・ミラー」を発売。
    • 2 月にはバレンタインラインとして、ハート型の小銭入れ「ポルトモネ・クール」、春コレクションは、モノグラムにフレンチレースを刺繍した「モノグラム・ レース」、「デニム・パッチワーク」、「ポルカドット」など少数生産、多数コレクションへになりつつある。一方、7月にはアメリカスカップへのスポンサー 契約打ち切りを発表した。
  • 2014年 – 春夏コレクションを最後にマーク・ジェイコブスがクリエイティブディレクターを退任。次の秋冬コレクションから後任のニコラ・ジェスキエールが指揮を執る。

素材の生地の変化

当 初、水に浮くトランクが評判になり高名となったが、21世紀初頭、顧客からの要望の多かった鞄の軽量化を名目に生地の製法を変更し、現在製造するトランク は浮かなくなっている。直系の子孫(2009年現在は5代目のパトリック・ルイ。現在でも1パーセントの株を保有する)が責任者を務めるオーダー部門では 昔ながらの浮く重い素材で鞄をオーダーすることができる。